PAGE TOP

★AYUSブログ

2020年01月09日

植物美容の美白ジェル✨これ、結構簡単にできます!

いつまでも若々しく美しい肌でいることは特に女性にとって嬉しいことですよね。

「脳皮同根」という言葉があって、受精卵が分化して外胚葉、中胚葉、内胚葉となり、それぞれの胚葉がさらに分化して色々な組織・器官が作られます。

脳と皮膚はどちらも外胚葉から分化してできます。

そのことから脳の状態が皮膚の状態へ、皮膚の状態が脳の状態へ互いに影響し合うのです。

脳が恥ずかしい!!って感じると皮膚は赤味を帯びますし、

ひどくショックを受けると「顔面蒼白」になってしまいます。

同じように、皮膚を優しく撫でられると、脳はリラックスして優しい気持ちになりますし、皮膚を若々しく美しく保つことで、脳もシャキッと元気になると思います。フェイシャルエステなどに行った後は、幸せな気分になる方多いのではないでしょうか?

というわけで、しっかりスキンケアすると脳も幸せ気分になるのですね!

今日はユキノシタという植物エキスを使った美白ジェルを作りました。

ユキノシタは、雪の下でも枯れずにいることからその名がついたとされて、民間薬として炎症を抑えるために使われてきた歴史があります。

スキンケアとして用いる場合、抗炎作用・抗アレルギー作用そしてアルブチンという成分を含んでいて美白作用を期待できます。アルブチンは市販の美白化粧品にも多く使われている成分です。

同じくアルブチンを含む美白ハーブ、ヒースの浸出液も使いました!!

材料:

  1. ヒース 小さじ1.5杯
  2. グリセリン 0.5cc
  3. キサンタンガム 1.6g
  4. 水(ヒースの浸出液用)60cc
  5. ユキノシタエキス 1cc
  6. 精油 フランキンセンス 1滴
  7. 精油 ゼラニウム 1滴

準備するもの:ビーカー、計量スプーン、かき混ぜ棒、遮光瓶、ラベルシール

手順:

  1. 60ccの熱湯をヒース小さじ1.5杯に注ぎ5分抽出し、茶こしで濾す
  2. ビーカーにグリセリン、キサンタンガム、精油を入れかき混ぜる
  3. 別のビーカーにヒースの浸出液にユキノシタエキスを入れかき混ぜる
  4. 2の中に3を少しずつ入れよくかき混ぜる。(湯煎した方がダマになりにくい)
  5. キサンタンガムがすべて溶けたら遮光瓶に入れ、ラベルシールに日付を書き入れる

※冷蔵庫に保存の上、2週間で使い切る

↓詳しく見たい方は下記の動画を参考にしてください。

【手作り美白コスメ】植物美容☆心と身体のセルフケア★アーユスのアーユルヴェーダ的日々
Watch this video on YouTube.

 

店舗情報

Ayus アーユス

〒880-0805
宮崎市橘通東三丁目2-16
Tel. 0120-790-826
(↑お客様お問合せ専用ダイヤル)
★アーユスのトリートメント★ 全てAroma & Relax Yurara内
<神宮>宮崎市神宮東3丁目344番地カハラビル内
<高鍋>児湯郡高鍋町1551-1
<都城>都城市早鈴町1546-8
※トリートメントのご予約は3日前までにメールまたは、お問い合わせページ、ラインからご連絡くださいませ。
不定休

こちらかも登録できます

友だち追加
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram Access Token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

にほんブログ村 健康ブログ 薬草・薬木生活へにほんブログ村にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへにほんブログ村にほんブログ村 健康ブログ アロママッサージへにほんブログ村にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村